声を鍛えよう!

腹式呼吸

歌う機会は意外と多い!

話し方のボイトレでも重要なことですが、腹式呼吸によって声はとてもかわります。
ボーカルスクールに通わなくてもできる、腹式呼吸の練習方法を紹介します。

腹式呼吸ができるようになれば、息を最後まで使い切ることができるようになり、ロングトーンが安定します。
大きな声を出せるようになり、地声高音域がカンタンに出せるようになり、抑揚をつけるのが上手くなります。

呼吸の種類は2つあり胸式呼吸と腹式呼吸があります。
肺の周りの筋肉を使って肋骨を広げて肺を膨らませるのが胸式呼吸のやり方で、体を見てみると肩が上下に動いていることがわかります。
複式呼吸ではお腹の筋肉を使って横隔膜と言われている膜を広げることによって肺をふくらませます。
横隔膜の場所は肺の下辺りにあります。
複式呼吸をしているとお腹が膨らんだり、へこんだりします。

腹式呼吸の誤解

会話力も鍛えられます

胸式呼吸と腹式呼吸の違いがわかれば、ボーカルスクールで話し方のボイトレをする時にも役に立ちます。
さらに腹式呼吸を知りましょう。
腹式呼吸で誤解されがちなことが多くあるので紹介します。
高い声を出すために必要なのは腹式呼吸であるというのは、少し違います、声の高さの調節は全部喉の筋肉で行われていますが、お腹にチカラを込めることで地声の高音域は安定して出せるようになります。
ですが、お腹のチカラを使えば使うほど高音が出せるようになるわけではないので注意しましよう。

大きな声を出すには腹式呼吸でないといけないというのは半分正解ですが、それが全てというわけではありません。
声帯をしっかり閉じることによって大きな声が出せるようになるので息を強めていくより、声帯が閉じているか見直すことが重要です。

息が長く持たないのは腹式呼吸ができていないと決めつけるのは間違いです。
半分はあっていますが、腹式呼吸を身につけることができれば、息を最後まで使い切ることはできます、しかし、息漏れしていないか見直すことが大事になります。

ビブラートは横隔膜を震わせてできるものではなく、2つの音を連続して行き来することで声を揺らす方法です。

腹式呼吸の練習

勇気を出して歌ってみよう

ボーカルスクールでボイトレをしなくても、自宅でできる腹式呼吸の方法を紹介します。
初めはリラックスし、猫背にならないように、背筋をしっかり伸ばし肩のチカラを抜くことが重要です。
この状態を維持したまま、ゆっくり息を吹いていきお腹がへこんで行く時に筋肉が使われていることがわかるでしょう。
これは腹式呼吸で使われる筋肉で、これを鍛えていきましょう。

腹式呼吸を練習することで、話し方にも繋がりますし、歌でもとても重要な呼吸方法なのでしっかり練習しましょう。
腹式呼吸にはロングトーンの練習が効果的で、音程は自分の出しやすいものでいいので、お腹の緊張を意識しながら最後まで吐くことです。
最後まで一定の強さで吐くことも意識しましょう。
慣れてきたら、小声から大声にしてみたり、小声から急に大声を出してみたりしましょう。

チェストボイスをキレイに

座学もあります

喉を開く練習をすることでチェストボイスキレイに出せる練習になります。
間違ったやり方は喉閉め発音といい、これではキレイなチェストボイスは出ません。
重要なのは軟口蓋を上げて、喉仏を下げることです。
これをすることによって口の奥にある咽頭の空洞が広がって声が共鳴します。
なので、声に膨らみがでて、いい声になるでしょう。
イメージとしては口の奥が上下に引っ張られるような感じです。
ボーカルスクールに通ってボイトレのチェストボイスをマスターすれば、適材適所の話し方ができるようになるでしょう。